さいたま市桜区の歯医者、たきもと歯科クリニックホームページ、睡眠歯科外来のページです。

たきもと歯科クリニックロゴたきもと歯科クリニックロゴ

〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保830-3

お問い合わせ:048-857-8100 FAX診療予約へFAX診療予約へ 最新情報はこちらから最新情報はこちらから
診療時間

TOPページTOPページクリニック紹介クリニック紹介スタッフ紹介スタッフ紹介料金表・医療費控除料金表・医療費控除交通アクセス交通アクセス関連リンク関連リンク

04_2.jpg

HOME > 睡眠歯科外来

  睡眠歯科外来

▲下線部をクリックするとその項目まで移動します

 いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。
主な症状としては、いびきをかいたり、昼間の眠気、起床時の頭痛などがあります。
特に、昼間の眠気は交通事故を起こす危険があるため、早期に適切な治療をすることが大切といわれています。

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

SASの主な症状

  • 日中に居眠りをすることがある
  • 記憶力や集中力が低下している気がする
  • 目覚めがすっきりしない、寝足りない感じがする
  • 何時間寝ても頭がすっきりしない
  • 起床時、口が渇いたり、頭痛がすることがある

 いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)が引き起こす病気

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)を放っておくと、次のような恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心臓病
  • メタボリックシンドローム
  • 不整脈
  • 狭心症
  • 心不全
  • 心筋梗塞

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)が引き起こす病気

 睡眠歯科外来

当院では、『歯科睡眠外来』として、内科呼吸器科の医療機関と連携を行い、マウスピース(スリープスプリント)による治療を行っております。

正常な場合
【正常な場合】
気道は十分に開いています。

いびき症
【いびき症】
肥満で大きくなった舌が気道を塞いでしまい、呼吸が妨げられています。

img_04.jpg

【スリープスプリントを装着】
スリープスプリントは、舌を持ち上げ気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。

担当医:たきもと歯科クリニック 瀧本賢一郎
平成9年(1997年)より、東京医科歯科大学大学院歯学研究科にて、睡眠時無呼吸症候群の歯科治療に従事。150名余りの患者様にスリープスプリントを作成。
平成13年(2001年)には学位論文「閉塞型睡眠時無呼吸症候群におけるスリープスプリントの効果」を発表しました。

歯科睡眠外来

テキストサイズ 小 |中 |大 |  文字サイズ変更

クリックすると文字の
サイズが切り替わります
真ん中のサイズが標準です

bb0216.pngbb0216.png

安心できる歯科を目指して
診療方針へ診療方針へ
4つの安心へ4つの安心へ
院内ツアーへ院内ツアーへ
設備紹介へ設備紹介へ

たきもと歯科クリニックのこだわり
診療メニューへ診療メニューへ
訪問歯科診療訪問歯科診療
歯科睡眠外来歯科睡眠外来
歯のホワイトニング歯のホワイトニング
歯並びの矯正歯並びの矯正
予防歯科予防歯科
メタルフリー治療メタルフリー治療

診療方針と4つの安心へ診療方針と4つの安心へ

求人情報求人情報

インプラント特設サイトへインプラント特設サイトへ